桐朋会コンサート

元札響のヴァイオリニスト、鈴木純子先生は同じ大学の先輩です。

この度、桐朋会コンサートにおきまして、フランクのヴァイオリンソナタをご一緒させて頂くという機会を頂きました。

先生は10年単位くらいでこの曲を本番で演奏されている旨伺いまして、考えてみますと私も10年くらい前に、ヴァイオリンの方やフルートの先生とご一緒させて頂いたことがあることを思いました。

10年経って又この曲を勉強できる幸運、そしてもしかして又今から10年後に再度、この曲に出会えたらと期待を致しました。

今回も新たな発見がありましたが、10年後に又新たな発見が出来る様精進出来ましたらと思いました。

鈴木先生この度、本当に有難うございました。

末筆となって申し訳ありませんが、このコンサートの運営に携わって下さった桐朋会の先輩方、お世話になりまして本当に有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*